日々のこと。

214
祖父の言葉、人生の教え。

祖父の言葉、人生の教え。

地元福島県に住む93歳の祖父が今日、4月1日に書いた書を紹介します。 人生訓 風雪に耐え忍ぶ者だけに 春は必ずめぐり来る 人を羨むことなかれ 人を気にすることなかれ 人を疑うことなかれ 人は人 我は我 それぞれ 鏡なれば 許し合い 喜び合い 感謝し合う心が要にて 自ずから招福大開運也 令和二年四月一日 嘉昭書 九十三才 祖父は、私が世界一敬愛する人物です。 若かりし日は国鉄で働き、定年引退後は農業を営む傍ら 長年地域のまとめ役を務めました。 また、多くの道を嗜

42