見出し画像

閉幕は突然に。

16時にさしかかろうとしていた頃に、渋谷文化村で開催している写真家ソール・ライター展が明日より急遽中止になるという知らせを受けて、私は家を飛び出しました。

ソール・ライターの写真展は2017年に初めて同じく渋谷文化村で開催された際に見てから、今回2度目。会場は沢山の人で賑わっていました。

ソール・ライターはニューヨークの写真家でストリートやファッション、家族を撮影してきた人物。2006年、83歳の時に初めて写真集が出版されて世界的に脚光を浴びます。初めて写真を撮り始めたのが12歳頃らしく、そこから仕事としても撮り始めてから写真集が出るまでの時間の長さに驚きました。2013年にこの世を去ってしまいますが、晩年に世界的な評価を経て旅立てたというのは「誉れ」なのではないでしょうか。リスペクト。

この続きをみるには

この続き: 1,030文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
私が普段どんな思考で活動しているのかといったことを綴ったり、撮影・写真についての雑感を綴っています。

#写真家のnote

月額480円

自分の写真業やセンシティブなこと、写真に関するあれこれはこちら。2018年1月開始。月に4~8記事の配信。2020年12月より無料note…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

私の好きな写真集は、「IPA Book 2016」
20
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞

こちらでもピックアップされています

#写真家のnote
#写真家のnote
  • ¥480 / 月
  • 初月無料

自分の写真業やセンシティブなこと、写真に関するあれこれはこちら。2018年1月開始。月に4~8記事の配信。2020年12月より無料noteの後半にマガジン読者だけが読めるコーナーを設けるスタイルで継続するか実験中。どうぞゆるくお付き合いいただければ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。