買い物に財布が要らない快適さ。
見出し画像

買い物に財布が要らない快適さ。

こんにちは、横田裕市(@yokoichi777)です。

自分は日本のキャッシュレス社会浸透の遅さにがっかりしている1人なんですが、ようやくiPhoneも最新に変えApplePAYの恩恵も受けられるようになりました。

財布を持って1日買い物に出かけたんですが、一度も財布を出さなかったんですよね。移動・食事・買い物がiPhoneもしくはカード1枚のみ。
なんて素晴らしいことだろうと。

これって、改めて言うことかと思う方もいると思いますし、まだ人によっては財布を出さないってどういうことだって思う人もいると思うんですよね。

現金決済って

1.手間かかる
いちいち小銭を出すのも面倒
2.不正確
決済履歴がデータで管理できない
3.損する(得をしない)
例えばLINEPAYも2%がポイント(お金同等の価値)として戻ってきますが
現金だと何もないです。

などなど、メリットが全然ないですよね。

でもキャッシュレス化がここまで浸透しないのはなぜだろう。
自分が二十代の頃には、キャッシュレスが当たり前になるくらいの気持ちでいたのに、30過ぎた今でも思った以上に社会は現金のままで驚いています。

キャッシュレス化が最も進行しているスウェーデンでは、銀行は現金を扱わないし、街のお店には「No Cash!」の張り紙。

韓国は2020年までに硬貨を廃止しようとしていたり

急速にキャッシュレス化が進む中国は飲食店がほぼ100%電子マネー対応だったり、露天商ですらキャッシュレス。

日本のキャッシュレス化を進ませるにはどうしたらいいんでしょうね。

日本でクレジットカード支払いが普及しないのも、決済会社の手数料が高いからとか、手段を提供する企業が利便性の普及よりも利益を求めているのも問題なのでしょうかね??

日本にも中国でのWeChatPay・Alipayのような革命的な決済サービスが誕生しないものかと心待ちにしています。

10代〜30代を中心にキャッシュレス社会の比率を高めていけたら良いな。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横田裕市 / 写真家

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

好きな写真集はGregoryColbert「AshesAndSnow」
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞