見出し画像

パリでスリ被害!写真撮ってる間にiPhone盗られた話。

こんにちは、横田裕市(@yokoichi777)です。

もう表題の通りなんですけども、
パリでスリ被害にあい、iPhoneを盗まれました。

人生初のスリ!!

しかもiPhone野郎で四六時中触ってるような自分が!
(という慢心が災いの元なんですが)

マジで

くやしいいいいいいい

自分史に残る事件になりました。

どんな風に盗られたのか状況を説明しますと

夜22時すぎ、イベントの帰りに橋の上でセーヌ川越しのエッフェル塔を撮ってたんですね。妻もその時一緒にいたんですが、ふたりともお酒が入っていてほろ酔いでした。

妻の撮ったiPhoneの動画にもばっちりiPhoneを持っている私の姿が映っているんですが、その後すぐに気がついたら盗まれていたんですよね。

うっかり上着のポケットに入れてしまった

そのまま撮影に集中している最中に盗まれました。

撮影も終えて帰ろうかとポケットに手をいれたら

iPhoneがない

妻いわく、私の近くに若者が1人いたとのこと。そいつなのか。。

いやー、青ざめました。

とても良い教訓になりました。
スリが多い国は初めてじゃないのですが、
今回、見事にスキをつかれてしまいました。。

スリ被害にあわないために大事なこと。

1.警戒する
撮影中は荷物と近辺にも神経を使う。
(通常撮影よりもかなり気を張る。それでも撮影に集中するとなかなかきびしいです ※後述)
友人やパートナーがいれば、見張っていてもらう。

2.貴重品はちゃんとしまう
貴重品はバッグの内側にいれてちゃんと閉じる
財布やスマートフォンはチェーン付きにするのも有りです。

今回の旅行中、基本的にはカバンの中にスマートフォンもしまうようにしていたんですが、ポケットにいれたこの瞬間を狙われてしまいました。

3.あってよかった海外旅行保険
海外旅行の保険に加入しておく(クレジットカードの海外保険も可)
保険項目の中の「携行品損害保険」の対象になります。

今回、初めて海外旅行の保険が役に立ちました。
時価額(災害などで失われた物品の価額から、使用期間や経過年数などに応じた消耗分を差し引いた額)で保険金が支払われるので全額ではないですが、私の場合、ほぼ金額は戻ってきます。

保険のつくクレジットカードを所持したり、渡航前に保険に加入しておきましょう。 保険のおかげで盗られたというショック以外、私の場合は特に大きな損害はないです。

ちょうど帰国したらこんなtweetが話題になっていました。

被害にあった私がいうのもなんですが
特に日本人は平和ボケしてるので本当に注意した方がよいです。

カメラや機材関係が一切盗難に合わなかったのは不幸中の幸いです。
iPhoneよりも明らかに大事ですからね。

どれだけ無防備になっているか検証してみた

私の撮影中の様子を
妻に少し離れたところから見てもらっていたんですが、

撮影に集中していると

横に並ぶくらいの至近距離に他人が寄って来たことにも気付けない

という事がわかりました。言われてびっくり。あかんやん。。。

撮影時には貴重品はポケットなどの
容易に被害にあいそうなところにはいれないようにしましょう。

発覚後、具体的にやったこと

・iPhoneのデータ削除
妻のiPhoneから「iPhoneを探す」を使い、データ削除指示を出しました。
自分の登録電話番号が古いままだったせいで2ファクタ認証ができず
現在AppleID復旧中、5日間ほど使えません。

・LINEモバイルの回線停止手続き
利用しているLINEモバイルは表向きには0570の番号しか案内されてません。
0570は国内限定のため、海外からかけることができませんので
【03-6731-9799】に電話し、「名前、電話番号、ログインID」を伝えて
回線一時停止、SIM再発行を依頼しました。
再発行により盗難されたSIMは無効化されます。

・保険会社に電話
今回のスリ被害を連絡し、届け出、手続き案内を受けました。
盗まれた品の領収書が必要になるのでちゃんととっておくように。

・パリの警察署に行って被害届を出す、証明書もらう
最寄りの交番に行ったら中央警察に行ってといわれ、
行くもパリ祭で仕事してなくて翌日再訪するはめになるという。笑

日本語表記もある書類をその場で渡され、記入しました。
この時に自前のペンを持ってないと嫌な顔されます。
日本では、ペンは公的なものとして施設に置いてありますが、
パリではペンは自前が当たり前です。場合によっては貸してくれません。

諸々手続きして30分ほどでパリの中央警察署を後にしました。

スリは基本デバイスを売り払って日銭を稼ぎ生活しているので自分のiPhoneはデータ削除されてもう売り払われてるかなーと、諦めています。

パリについてはまた別途noteに書きますが、
盗まれた直後はやはり気分が落ち込みますね。

それ以外は、
パリ祭やワールドカップ優勝もあり、街はお祭り騒ぎ。
特別なパリを楽しめました。

海外への旅行、予めスリによる盗難が多いと情報がある国へ旅行する際は細心の注意を払っていきましょう。

特に写真やってる人は撮影時の集中というのはかなり無防備になると認識できました。貴重品はしまいましょう。

帰国したので、
これから必要書類をまとめて保険会社に送ります。

このnoteが意識するきっかけにでもなってもらえればうれしいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横田裕市 / 写真家

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

私の好きな写真集は、「IPA Book 2016」
33
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞