見出し画像

RAW現像講座を終えて。

こんにちは、横田裕市(@yokoichi777)です。

17日(日)にソニーストア銀座で「上級講座  RAW現像講座」にて講師をさせていただきました。

数ヶ月前から依頼されてたんですが
RAW現像講座なんてそもそも何を教えればいいんや?
というところから始まりました。

RAWとはなにか?メリットは?という内容は初級・中級でも既に教えている内容なので上級の自分の場合は何を教えるのか。ということなんですがシンプルに自分がRAW現像する時にどうやっているのか

1.実際に撮って出しから作品に仕上げるまで
2.lightroomの使い方、ワンランク上の現像方法
3.プリセットについて

などを大画面で私のlightroomの画面を見せながらたっぷり2時間お話させていただきました。

で、この講座の前に、Twitterで参考までにRAW現像について質問を募集していたんですが、その回答をこちらに掲載しておきますね。

質問箱への回答

3件だけだったのでこちらでお答えします。

→RAW現像とは異なる内容ですがお答えします笑
PCスペックはそこそこのCPUでメモリ8GB以上あれば良いんじゃないでしょうか。ちなみに現在の自分はMacBookProをカスタムオーダーしてフルスペックです。レタッチはlightroomを購入して自らいろいろと試してみたら良いと思いますし。構図や光についてはそれぞれをネットで検索すれば今なら十分な知識が得られると思います。調べる力を鍛えると自ずと基礎は学べます。

→統一をもたせるのには自分の中で決まった色味やハイライト・シャドウの強弱等のルールを設けると良いです。それを簡単にできるようにしたものがプリセットになります。lightroomでRAW現像する際に、事前に用意したプリセットを現像を始める前に適応することで全体的に統一感のとれた写真に仕上がります。

→RAWの利点に関しては先日tweetしたこちらが回答のようなものです。

レタッチしないなら別にRAWじゃなくてJPEGでも十分ですが、レタッチしたいならRAW撮影→レタッチ→JPEGが高品質に写真を残す方法になります。

他、写真でもなんでも質問あれば下記よりお願いします◯

さて、ここからは【フォトグラファーの日々】マガジン読者・記事購入者限定でお届けしますね。

ここから先は

858字
この記事のみ ¥ 300
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。