海の京都 宮津のすすめ まとめ編
見出し画像

海の京都 宮津のすすめ まとめ編

横田裕市 / 写真家

写真家の横田裕市です。
積水ハウス主催 #TRIPBASESTYLE の観光アンバサダーを決める最終選考の一環で京都府宮津市を訪れました。

この記事では滞在中の私の活動をアクセス方法や移動手段、ホテルの紹介も含めて時系列で観光スポットやグルメを紹介しています。

簡潔に情報をまとめただけのnoteも公開しています。
(リンクは下部にあります。)

選考についての詳細はこちら↓

宮津市までのアクセス

東京から天橋立のある宮津市までは電車で向かいました。
東京駅〜京都駅:新幹線
京都駅〜宮津駅:特急はしだて号
京都から宮津までは高速バスもおすすめです。

※Suica・PASMO利用の注意点
私は東京からSuica利用で宮津に向かいましたが
宮津駅では電子決済未対応のため、差額を現金で支払うことになります。
特急はしだて号乗車中に特急券分を現金で支払い。
宮津駅で手続きをし、京都駅に戻るまでSuicaは入場中のままとなりました。会社間のシステムの問題が未だに解決されていないことに衝撃を受けました。

画像8

画像9

拠点はフェアフィールド・バイ・マリオット京都天橋立

今回のアンバサダー活動にはフェアフィールド・バイ・マリオット道の駅プロジェクトが携わっており、宿泊拠点もこちらのいずれかの施設を利用します。

フェアフィールドは素泊まりに特化したコンセプトホテル
各地の施設フォーマットが同じのため慣れてくると安心感があります。

フェアフィールド・バイ・マリオット京都天橋立

駐車場が満車の場合は、道向かいの立体駐車場を無料で利用可能。

画像2

外観こんな感じ

画像1

24時間利用できるラウンジ
ドリンクサービス、電子レンジ、オーブンあり
コインランドリー、乾燥機あり。快適に過ごせます。

お部屋(キングベッドルーム)

部屋はツインベッドタイプとキングベッドタイプ
私はキングベッドルームを利用。鍵はカードキータイプ。
Marriott Bonvoyメンバーなら
スマートフォンをモバイルキーにすることも可能。

画像3

画像4

画像5

浴室は全部屋、全施設シャワールーム
ホテルのコンセプト上、周りの温泉や銭湯をぜひ巡って欲しいとのこと。

画像6

画像7

移動手段はカースタレンタカー

滞在中の移動手段は初めてカースタレンタカーを利用しました。
宮津駅から徒歩数分。そして安い。おすすめ。

画像10

1日目

まずは伊根の舟屋へ

宮津から車で40分ほど北上すると観光名所の「伊根の舟屋」に到着します。
至る所に駐車場が整備されているのと、時期的にも観光客が少なく快適に観光できました。

画像11

中心地には駐車場に隣接して観光案内所があります。

画像12

駐車場は早朝と夜中を除いて30分無料。
私は撮影で転々としていたので無料で済みました。

画像16

道の駅「舟屋の里伊根」でランチ休憩

丘の上にある道の駅で休憩。道の駅なのでもちろん駐車料金は無料。
レストランでこの土地で獲れた魚を使った定食をいただきました。

画像15

画像14

画像17

画像16

帰路で奥宮 眞名井神社へ

伊根の舟屋撮影後は帰り道に御神水で有名な奥宮 眞名井神社に立ち寄り、参拝、おみくじ引き。御神水を汲んでホテルにチェックインしました。

画像18

初日の夕飯はうどん処 大門

ホテルから徒歩1分のところにあるうどん屋さんを訪ねました。
ここが今回ベストといっても良い美味しいうどん屋さんでした。

画像19

2日目

朝食は海鮮やま鮮

こちらもホテルから徒歩2分ほどの新浜の町屋にあります。
早朝7時から営業していて朝から美味しい海鮮丼を味わえます。

画像20

上世屋集落に立ち寄ってみる

フォロワーさんに近隣の集落をおすすめされたので宮津山間部にある「上世屋(かみせや)集落」に来てみた。観光という意味ではこの時期特に雪深いだけで何もないのですが、上世屋集落はジビエ普及に盛んなこと、クリエイティブ職の人など移住者が増えているということで宮津では注目の集落とのことです。後で訪れる居酒屋でも上世屋集落で獲れたジビエを頂きましたが大変美味しかったです。

画像21

ご当地スーパーグルメを満喫する

宮津エリアのご当地スーパー「にしがき」を訪れました。
こちらも有り難い事にフォロワーさんおすすめ情報で「ばら寿司」を購入。名実ともに人気商品のようでした。京丹後のご当地牛乳「ヒラヤミルク」も美味しかったです。(温泉にご当地牛乳がなくて残念がっていたところに優良情報)

画像24

画像23

画像22

画像25

元伊勢籠神社から笠松公園へ

三重県伊勢市にある伊勢神宮。そのお伊勢様がかつて一時的に祀られていた「元伊勢(もといせ)」がこの地。ということを私も訪れて初めて知りました。その本宮となる元伊勢籠神社を参拝。

画像26

この辺一帯は駐車料金が終日700円。
参拝後はそのまま徒歩で笠松公園へ向かうケーブルカー乗り場へ。

お得なチケットの買い方

天橋立温泉・智惠の湯へ行くことを計画している方
「二大展望所めぐりチケット」を買わないようにしましょう。
笠松公園行きをバラで買い、ビューランド側で最も割引率の高い「湯遊チケット」を購入しましょう。

画像27

ケーブルカーで展望エリアに到着するとお土産施設や成相寺行きバス乗り場があります。笠松公園から眺める天橋立が個人的には1番好きです。

画像28

天橋立ビューランドへ

笠松公園を訪れた後は反対側の「天橋立ビューランド」へ。
ビューランド近隣一帯は地元の方が駐車場ビジネスを展開しており、どこに駐車しても500円ほど駐車料金を取られます。集金箱に入れる観光客の良心に委ねたアナログ式。

画像29

画像30

ビューランドではケーブルカーかリフトを選択できます。
(笠松公園は冬期はケーブルカーのみ)

飛龍観回廊という旧小型ジェットコースターの滑走路を改装した通路が眺めが良くて好きです。ビューランドは小さな遊園地も兼ねているためお子さん連れのお客さんが多く居ました。


画像31

画像32

画像33

ビューランドを下りたら、徒歩1分の場所にあるかつての入り江の名残である「どん淵池」、続いて天橋立駅を見学。

画像34

画像35

天橋立温泉 智惠の湯を満喫

ホテルから車で5分、天橋立駅前にある日帰り温泉「智惠の湯」
少し塩気のある泉質。昔ながらの建物で風情がありました。露天風呂の奥には手足湯という両手両脚だけ入浴する変わり湯がありました。初めて見た。
この時期は寒いので試し入浴しただけで内湯に戻りました。

画像36

画像37

夕飯はらーめん跳満

こちらもフォロワーさんおすすめ情報に感謝です。

画像38

成相山パノラマ展望台で夜の天橋立を堪能

笠松公園からバスでアクセスできる成相山の成相寺へは別ルートで車でアクセスできます。寺の先にはパノラマ展望台がありそこまで車で登ることができます。

画像39

夜食・宮津最後の晩餐は居酒屋「和〜なごみ〜」へ

宮津で過ごす夜は今日で最後。美味しい地酒も呑みたいと思いこちらもフォロワーさんのおすすめで伺った日本酒が美味しい居酒屋。お酒も料理も美味しくて最高でした。新浜の町屋の通りだけで宮津グルメ満足度が大変高いです。

画像40

画像41

日本酒とおでん、刺身の盛り合わせ

画像42

上世屋集落はジビエ、イノシシ肉の生姜焼き。お肉が柔らかくて豚の生姜焼きより好みでした。

3日目(滞在最終日)

朝食は再びやま鮮

迷いに迷ってまかない海鮮丼(700円)それでも十分美味い。

画像43

道の駅「海の京都 宮津」でお土産を買う

ホテルを出て道斜め向かいにある道の駅。
フェアフィールドは基本的道の駅近隣に配置されているため道の駅を利用しやすくなっています。

画像44

画像45

画像46

私は今回立ち寄れなかったのですが、隣に巨大ショッピングモール「ミップル」があるのでここでお土産も食も楽しめそうです。

日本の名瀑100選 京都府唯一の金引の滝へ

中心部から車ですぐアクセスできる範囲に名瀑があります。
さすが名瀑100選に選ばれるだけあり非常に立派な滝でした。

画像47

ランチは再びうどん処 大門

3日連続で通いたかった大門。前日は残念ながら間に合わず。
食べ納めに美味しいと評判のカレーうどんとかやくご飯でランチ。
大満足です。

画像48

知恩寺(文殊堂)を参拝

智惠の神様、文殊菩薩を祀る文殊堂を参拝しました。
天橋立に隣接しているのでセットで観光できます。

画像49

画像50

最後は福知山市大江町の天岩戸神社へ

車を走らせ、福知山市にある天岩戸神社に行ってきました。
山間部のすごい場所にあり驚きました。汗
内宮へも参拝しようと思いましたがタイムアップでした。

画像51

帰る前にカフェ村田堂でひと息。

レンタカーを返却し、宮津駅前の村田堂で珈琲タイム。
マスターとお話し、宮津のことを色々教えていただきました。
お土産に珈琲豆を買って帰りました。

画像52

画像53

帰路は高速バスで京都駅まで

帰路は電車ではなく高速バスを利用しました。
以前は東京〜宮津間で高速バスが出ていたのですが現在は運休中、早く復活できる世の中に戻って欲しいですね。

画像54

まとめ

今回2泊3日、海の京都宮津市を中心に巡りました。
初めて訪れて分かったことは京都北部の広さと、奥深さ。

フォロワーさんにたくさんおすすめ情報を頂いたのにかかわらず
広すぎて全然訪れることができる申し訳ない気持ちに汗
また訪れてぜひ巡りたい。

京都中心部とは全く異なる趣が大変魅力的な土地。
初めての訪問でとても好きになりました。

食も基本的に美味しい上に、安い。最高でした。

フェアフィールドバイマリオットのように素泊まりに特化したホテルは、私のような写真家や、屋外での観光を満喫したい人へは最適なホテルですね。

そういったタイプのホテルの類いでは、さすがフェアフィールドはとても過ごしやすいホテルでした。素泊まりでも良い感じのホテルステイをしたい方はぜひ。

観光スポット、グルメをまとめたnoteはこちら

その他のまとめ

フォトアルバムやInstagram、Twitterでも時系列にそってより臨場感ある内容を発信してますので興味ある方はぜひご覧ください。

Instagramストーリーズ

Twitterモーメント

https://twitter.com/i/events/1488851230294421507

今後は栃木編と岐阜編をお届けします

TRIPBASESTYLEアンバサダー最終選考
京都宮津市の後は、栃木県日光市、岐阜県高山市の記事を順次執筆し公開していきます。引き続き楽しんでいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横田裕市 / 写真家

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

好きな写真集は、Meyerowitz Joel「BAY SKY」
横田裕市 / 写真家
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞