見出し画像

【Photoshop】進化した「塗りつぶし」が超便利で二度見した件。

私は写真の多くをAdobe Lightroom Classicを使ってレタッチしています。

日々進化していくLightroom Classicでも加工が難しいパターンの場合にPhotoshopを使っています。今回はその一例として最近の便利な「塗りつぶし」の使い方を御紹介します。

ゲーム写真の例ですが、
誤ってグリッド線を表示したままキャプチャをしてしまいました。

画像3

この1枚しか保存してなかったので、失敗したなと思ったのですがPhotoshopの進化した塗りつぶし機能を思い出しました。
これをPhotoshop CC 2019より追加された「塗りつぶし」のAI補正「コンテンツに応じる」を使ってレタッチした画像がこちらです。

画像4

グリッド線が綺麗さっぱり消えています。線の部分だけを囲ってメニューバーから編集→塗りつぶし→内容:コンテンツに応じる を選択
これでOKを押すだけ。

スクリーンショット 2020-07-06 16.12.24

スクリーンショット 2020-07-06 16.12.47

よほど複雑な描写でなければこれで不要な要素を除去する事が出来ます。

この「コンテンツに応じる」を使って、他に例えば窓に映り込んだ反射物を除去したりなども可能です。

【追記】この記事投稿後に、より複雑な写真に塗りつぶしを適応したらすごすぎて二度見しました。


Adobeも進化してるなと感じた1機能の紹介でした。

公式ドキュメントページ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

好きな写真集は、Meyerowitz Joel「BAY SKY」
165
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞

こちらでもピックアップされています

日々のこと。
日々のこと。
  • 200本

ブログ的な立ち位置。自分という写真家の記録、パーソナリティ、チップス。あれこれを綴っていきます。

コメント (4)
す、すごい・・・1クリックで人物がもともといなかったの如く自然に消えている・・・
スターリンもAdobeがあればきっと仕事が効率よくはかどっただろうな~笑
よく分からない世界なので、ぼやぼやしてたらわたし自身が消されちゃうんじゃないかと、一瞬不安になりました。スゴい!
私もこれ先日知ってめっちゃ多用してます!今までスタンプツールでペタペタしていた作業がぐーんと速くなりました!
すごいですね これは便利すぎです 教えてくれてありがとうございました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。