見出し画像

便利なレンズフードULH(Ultimate Lens Hood)を使ってみた。

横田裕市 / 写真家

こんにちは、横田裕市(@yokoichi777)です。

Ultimate Lens Hood

オーダーしていた撮影サポートアイテムが届きました。

画像1

画像2

これはUltimate Lens Hoodというレンズに取り付けるリフレクション防止、カメラ保護のアイテムなります。

本家サイトで購入した方が圧倒的に安い

ULHについてはMakuakeやCAMPFIREでも日本の正規代理店がクラウドファンディングをしています。
ですが、本家の方が圧倒的に安いです。

makuake(終了済

CAMPFIRE(進行形

Ultimate Lens Hood
国内販売予定価格8,046円
(→本家価格およそ4,500円

ULHmini
国内販売予定価格5,346円
(→本家価格およそ3,000円

日本への送料いれても確実に安いのでぜひ本家で買いましょう。
Ultimate Lens Hood 2個を送料込みで約8,870円(£61.00)で購入しました。
クラファンで1つ買う値段で2つ買えます。

ULH使ってみた

レンズにすっぽりはめて、窓ガラス越しにこう。
使い方も至ってシンプル

画像3

ULHなし

画像4

室内の照明がガラス越しに反射してしまいます。

ULHあり

画像5

見事に室内照明の反射をカット!

かなりお手軽に遮光できるので良いです。
密着の度合いにもよるとおもうのですが、ULHの縁がガラスに吸盤の様に張り付くこともあります。その状態になると撮りやすいです。
基本的には素材が柔らかいため、片手でULHを支える必要があります。

価格もそんなに高くないので、展望台などガラス越しに夜景を撮る際には使いやすくて良いのではないでしょうか。

こういった遮光フード以外にも、カメラマン本体を水や砂塵、雪などから守るカバーとしても使えます。

ULHを改善したレンズフードFOTONEER

見た目はULHとほとんど変わりませんが、装着時にこれは残念だな思っていたポイントが改善されたアイテムがAmazonで販売しています。
使ってみた感じ、ULHよりおすすめできるので御紹介です。

それがレンズフード「FOTONEER」

違いは以下比較画像を御覧ください。

画像6

一目瞭然、FOTONEERの方が自立しており、窓にも接地しやすいです。

FOTONEERの方が優れている点
・形状保持力が高い
・汚れにくい

価格は2,980円
Amazonですぐ買えますし、本家ULHよりおすすめです!

FOTONEER購入はこちらから↓

ULHも気になる方はこちらから↓


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横田裕市 / 写真家

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。