横田裕市 / 写真家
フルーツ天国 ザ・東京フルーツパーラー / 自由が丘 東京
見出し画像

フルーツ天国 ザ・東京フルーツパーラー / 自由が丘 東京

横田裕市 / 写真家

こんにちは、横田裕市(@yokoichi777)です。

フルーツの天国へ、いざ行かん。

ずっと来てみたかった「THE Tokyo Fruits パーラー」へ。
一年越しの来店です。実は家から徒歩圏内なんですが、やっと来れました。

近所ほど意外に行かないっての、ありませんか?(同意を求める図)

そしてこの奥沢にあって、東京中のフルーツパーラーの名を総取りするかの如く堂々としたネーミングがまた良い。実際、それだけのクオリティがあります。

住所でいうと世田谷区奥沢。スイーツの街・自由が丘の駅から徒歩6,7分のところにあるフルーツパーラーです。

オーナーがフルーツの卸売業をされているそうで、果物の質は言わずもがな素晴らしいものがそろっています。お値段もそれなりです。

今回、私はカキ氷を食べたくて来ました。
こだわりのある美味しいカキ氷。

言われるがまま、オススメのマンゴーを頂きました。(1,400円 税別)
濃厚な甘みが超贅沢。

フルーツのシロップもとても美味しいのですが、
氷にもこだわりがあります。

日光にある天然氷蔵元・松月氷室(しょうげつひむろ)から氷を仕入れて使っています。松月氷室の天然氷を使ったカキ氷が食べれるお店は、都内でも数店しかありません。

氷を口に含んだ瞬間に溶け始め、天然水のやさしいまるみが舌触りで分かります。氷まで美味いって最高です。

(料理において水の質はとても重要なので、水にこだわっている店が好きだったりします。)

溶けていくと中からマンゴーの果肉がこんにちは。
シロップが足りなくなった様子をみて追加でシロップを頂けるホスピタリティも良き。器に残った溶けた氷水までゴクリと美味しく頂きました。

妻は何をオーダーしたかというと
プラムのパフェ (2,300円 税別)

妻は桃が大好きなので、最初は桃のパフェをオーダーしようとしたのですがオーナーさんからの激推しでプラムへ変更。これまでのプラムの常識が覆る美味しさなんていわれたら気にありますよね。笑

自撮りをする妻とプラムのパフェ

この美しいパフェのトップ
プラムを食べたら素晴らしい甘みと、程よい酸味のバランスが絶妙。

実は私は、実家が農家なのもあり、飽きるほど美味しいフルーツが出てくる環境で育ったために滅多にフルーツに感動しない人間なんですが、このプラムはうなずく美味しさでした。

このプラム、東京フルーツパーラーさんと、銀座千疋屋さんの2店舗しか取り扱ってないそうです。
フルーツの質は千疋屋さん以上なんて口コミもありますが、同等クラスかそれ以上ってところでしょうか。どちらにしろ美味しいので幸せです。

店内ショーケースにはもちろん生の果物も販売していますし、
お持ち帰り可能なフルーツスイーツも販売しています。

自由が丘駅側から来るとオレンジ色の四角い看板が目印です。
(手前(隣店)はおでん屋高太郎)

オレンジのラインが目印。

自由が丘・奥沢デートにはもってこいなお店でした。
フルーツ好きな友人・恋人とぜひ。

店舗情報

THE Tokyo Fruits パーラー / ザ・東京フルーツパーラーOPEN 11:00 ~ 19:00火曜・水曜休み (HPで要確認
東京都世田谷区奥沢5-37-9-1
自由が丘駅から500m,徒歩6~7分の距離です。Tel 03-6459-7011Email: info@tokyo-fruits.com

公式ホームページ


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横田裕市 / 写真家

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

好きな写真集は、MichaelKena「A45YearOdyssey」
横田裕市 / 写真家
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞