【圧倒的ラスボス感】東京都庁ライトアップで撮られた1枚の写真がすごすぎる。
見出し画像

【圧倒的ラスボス感】東京都庁ライトアップで撮られた1枚の写真がすごすぎる。

東京・新宿にそびえ立つ都庁。
東京の建造物でも国内外に人気のある高層ビルですが

写真家・横田裕市さんが撮影した1枚の写真が大きく話題になっています。

都庁前で妻を撮ったら
完全にラスボス召喚シーンになって草

Twitterで7万3000RT , 22万いいねを超える大反響!

12月30日夜にtweetされた写真は
深夜にかけて昼夜問わず大きく反響を呼び

現在7万3000RT , 22万いいね を超え
今もなお拡散され続けています。 (12/30 21:00時点)

奥様の手を広げた後ろ姿と
赤く染まる東京都庁舎の荘厳な姿、空に浮かぶ赤い光が絶妙。

Twitter上でゲームやアニメ・コミックなど
日本の様々な作品を彷彿とさせると話題に。

「FF15の最終決戦みたいだ…」
「女神転生ですな」
「キングダムハーツっぽい」
「ハウスオブザデッド4だな」
「ムジュラの月落ちてきてますよ」
「フリーザポーズで草」
「脳内でクロノトリガーのテーマが…」
「奥さんがラスボス説」
「女王様に謁見中のメーテルにも見えなくもないw」
「奥様浮いてません?」
「魔界都市新宿、、、」
「からくりサーカスのマリオネットが似合いそうですね」
「CLAMPのXを最近読んだ私はとても胸がざわざわします!!!←」

※tweetのリプより抜粋

数多くの作品に現物・モチーフとして登場する東京都庁舎。
いかに多くの人々にとって東京のシンボル的な建造物かが分かりますね。

このライトアップはエイズに対する理解と支援の象徴である「レッドリボン」にちなみ、12月1日から12月9日まで都庁第一本庁舎が赤くライトアップされたものです。

曇天も味方に、家族の協力があって撮れた1枚

横田さんは偶然Twitterでこのライトアップを知り、1人都庁を訪ね撮影。
普段から奥様をモデルとして撮影している横田さんは、これは妻をいれて撮りたいと思い、奥様と家族に協力を仰ぎ翌日、2日連続で撮影を決行。
2日目の曇天も功を奏し、撮影できた傑作の1枚とのことです。

もしや奥様がラスボスなのでは、、というコメントもありますが
横田さんにとって、奥様はラスボスではなく女神様だそうです。

奥様とお付き合いされてから人生上り坂なのだとか。素敵ですね!

撮影に用いた機材は
カメラ:ミラーレス一眼のSONY α7RIII
レンズ:超広角レンズ SONY 1224G を使って撮影したとのことです。

奥様の写真に続いて、別バージョンの写真も掲載されています。

自身過去最高にカッコいい東京都庁

1. 1人でラストダンジョンに挑む図。

2. 敗れて後日仲間と挑む図。

ライトアップ都庁
絵になりすぎw


ライトアップされた都庁は
過去にもその様子が投稿される度に
いくつものメディアで話題になっていますが
今回の投稿は類を見ない過去最高クラスの反響をみせています。

都庁のライトアップは不定期ながら毎年実施されていますので
撮影したい方はぜひ都庁のイベントスケジュールをチェックして訪れてみてくださいね。

横田さんの写真が気になる方は
ぜひTwitterinstagramのアカウントをチェック!

写真家・横田裕市さんについて

横田さんは福島県ご出身
国内外の風景、奥様を被写体として撮影をしている
東京都在住の写真家です。

Twitter、instagram、noteなど
SNS総フォロワー数は6万人を超えています。
撮影した作品はAppleの広告写真に起用されるなど国内外のメディアにも取り上げられ、幅広く活躍しています。

note編集部による横田さんのインタビュー記事はこちらから↓

写真展のお知らせ

横田裕市さんは2019年2月に個展を開催します。

横田裕市作品展 「フィンランド 冬の光」
ソニーイメージングギャラリー銀座
会期2月1日〜14日 入場無料
11時〜19時 会期中無休

〒104-0061
東京都中央区銀座5−8−1 銀座プレイス6階

ギャラリートーク
2月3日,10日 14:00〜14:45 / 17:30〜18:15

横田さんが観光大使日本代表として3ヶ月間旅してきた
フィンランドの壮大な雪景色の中で出会った光がテーマとのことで、
ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

年明けには素敵なリターンがある
クラウドファンディングも実施するそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて、ここまでご覧頂きありがとうございます。

今回、2018年の最後の日に想定を大きく超えるバズを頂きました。
本当にありがとうございます!

そして今回、試みとして撮影者の私自身でこの内容をセルフインタビューで記事にしてみました。そして、この記事を書いたのには理由があります。

既に触れていますが
都庁ライトアップ関連では過去最高クラスのバズを生み出しているのに関わらず、諸条件が悪く、普段ならピックアップいただくであろうWebメディアさんのどこからも一切掲載のお問い合わせがありません。笑
(Twitterのリプ欄ご覧頂くと分かります。もちろんお問合せは随時受け付けています。笑)

経験談ですが、Twitterのエンタメ要素がある写真ネタで
この規模のバズを起こすと数件のメディアさんから記事にさせて欲しいと問い合わせがあります。それが今回、下記の諸々の理由で全然問い合わせがないんですね。(寂しいw)

-------
追記:1/5 grapeさんに記事にして頂きました!

-------

なのでこの際、自らの手で取材風に記事化しました!

メディアさんから問い合わせがない理由
1.既に終わったライトアップであること
2.都庁ライトアップ自体は既に記事化されている
3.年末年始でメディアの人もオフモード
 (年末年始なので、よほどのネタでないと動かない←これが一番大きいと予想
今回大きくバスった理由
1.写真のテイストがTwitter民にハマったこと
2.コミケや年末の影響で、オタク層なユーザーさんに幅広い時間帯で見られたこと

撮影当時リアルタイムに写真をtweetしなかったのは
個人的な思惑があったからなのですがどうあれ結果オーライ
大晦日にめちゃくちゃTwitterでバズる結果になりました。

どこのメディアさんからも取り上げて頂けないのは寂しいですが、
その分、自ら2018年最後のバズを記事化しようと。

Twitterやこのnoteをご覧頂ければと思い、書きました。

ちなみに、tweetのインプレッション数は1,000万を超えました。
例えると、東京都民全人口を超える数、tweetが見られたことになります。
(東京都人口927万人 2015年時点)

2018年の最後に
ただの都市風景でなく
妻の姿をいれた写真が大きく反響を受けてとても嬉しく思います。

2019年も引き続き写真を何よりも楽しみ
多くの人々の心に響く作品を撮影して参りますので

どうぞよろしくお願いいたします!

2018.12.31 横田裕市

今回のバズについてまとめました↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横田裕市 / 写真家

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

好きな写真集は、Meyerowitz Joel「BAY SKY」
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞