見出し画像

撮り応えある撮影エリア・品川インターシティで写真教室をしてきました。

1時間のフォトウォーク&レッスン

4/8,9の土日にしながわフェスウィークの一環で
品川インターシティにて写真教室の講師をさせて頂きました。

実はくつろぎと写真撮影の穴場

品川インターシティは連なるビル群から形成される施設の総称です。平日はたくさんのビジネスマンで賑わっていますが、休日となるとビジネスマンもいないため、施設の豪華さに比べてかなり人の流れが緩やかです。

以前仕事でここに来た時には気づかなかったのですが、いざ下見をしてみると「ここは意外と穴場なのではないか?」と思えるほどに楽しみ甲斐のある場所だと感じました。

土日ともにあいにくの天気。いざ会場に向かってみるとあまり参加者が集まってないとのことで、せっかくの機会なので2日目は自分の方でも呼びかけ。

1日目は2名、2日目は5名の参加者にお集まりいただき少人数で楽しく要所要所を教えつつ撮影することができました。

撮り応えあり、周遊コースであっという間の1時間

品川インターシティは立体的にかなり広い施設なので最初に施設の3階を周遊しながら撮影&レッスン、最後に1階に降りて中庭で撮影するという流れ。

3階の通路から見下ろす桜と奥に続く緑、囲むビル群は撮り応えがあります。

通路から少し下を見下ろせば
行き交う人、桜を撮る人はストリートスナップの見事な被写体に。

通路の柵も、桜を背景にすればこういった表現もできます。

参加者の人達にお手本のカットを見せながら撮り歩きます。

反対側の通路まで来ると、タテ構図でおさめれば品川の高層ビル群と桜をセットで「the東京の桜」といった絵が撮れます。

通路が続いているので、撮り方によっては放射状にスケール感のある絵に。

建造物の線を意識した三分割法について教えながら建物と通路、桜を1枚に。

2日は特に雨が強かったので、いっそのこと雨を題材に織り交ぜながらの撮影となりました。

1階の中庭中央に鏡面のオブジェがあり、これがとても良い演出をしてくれます。

日曜の雨でだいぶ桜が散ってしまいましたが、水の雫と桜の相性の良いこと。

ここで紹介した写真は全てレッスン中に撮影したものです。

参加者の皆さんにも何かしら撮る時の「視点」や「構図」、ストリートスナップの見方等何かしら吸収できるポイントがあったのではないかと思います。

企業様からの依頼でもなければ、フォトレッスンをこういった形で展開することはなかなかないので(しかも無料で)開催期間中の呼びかけに関わらず、今回参加できた方はかなりラッキーだと思います。
参加いただいた皆様ありがとうございました。

休日はぜひ品川インターシティへ

私自身も今回、品川インターシティさんで撮影ができたことをとても嬉しく思いますし、この場所の良さを知ることができたので、また撮影しに来ようと思っています。

カフェや飲食店、休憩スペースもたくさんありますし休日の品川インターシティはかなり有りな選択肢なので、これを読んだみなさんも良かったらぜひ休日に足を運んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願い致します! 頂いたご支援は、今後の機材購入及び撮影遠征費に使わせていただきます。

カジュアルな日常は55mmf1.8で撮ってます。
24
写真や旅、グルメ、妻との日常を発信。プロフォトグラファー / 愛妻家 / Lovegraph / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞 / LINE@ https://line.me/R/ti/p/%40rww1340l
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。