見出し画像

グルグルボケが楽しい #Petzval58 アートレンズを買いました。

こんにちは、横田裕市(@yokoichi777)です。

先月に続いて新しい機材を買いました。

New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

Petzval(ペッツバール)の58mmレンズです。
Petzvalレンズとはなんぞや?という方は

このレンズは、伝説のポートレートレンズと呼ばれ、知る人ぞ知る2015年にクラウドファンディングで1500万以上の支援を集めて話題になったレンズなんですね。1840年にオーストリア・ウィーンにて設計されたレンズという歴史のあるひとつひとつ手作りのロシア製レンズです。

特徴はグルグルボケ、7段階に調節することができます。
このボケが持ち味なのでだいたいレベル7(MAX)で撮ってますけども。笑

α7にアダプタかませて、オールドレンズをつけて楽しむ人達の気持ちがちょっとわかった気がします。楽しい。

また構造上の大きな特徴は「ウォーターハウス式絞りシステム」
絞りプレートをレンズに差し込むことで絞りを調整します。
これが大きな長所でもありますが、短所でもあります。

なぜ短所かというと、プレート差し込んでもただそこに刺さっているだけで押さえがなく、
カメラを傾けると簡単に取れちゃうんですよね。縦構図で撮っていたらいつのまにかレンズからプレートが落ちてました。
これは紛失する…!!と思い、何か手を打たなくてはと、落下防止対策を施しました。

こうすることで仮にプレートが取れても紛失する心配がなくなりました。
100均で売ってるDIYアクセでできるので、おすすめ。

このレンズは扱いに慣れが必要な映りですが、このレンズで撮影しているだけでとてもノスタルジックな絵を撮る事ができます。面白い。ボケだけ撮っても面白い。

これから様々なシーンで撮るのが楽しみです。

他の作例は下記にまとめましたのでぜひご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

好きな絵画は高田裕子さんの描く「屋久島の森」
20
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞

こちらでもピックアップされています

日々のこと。
日々のこと。
  • 200本

ブログ的な立ち位置。自分という写真家の記録、パーソナリティ、チップス。あれこれを綴っていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。