マガジンのカバー画像

写真系まとめ

118
メインnoteから写真系の記事のみまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

撮影レポ / 山梨県韮崎市わに塚の桜を撮りに行ってみた。

今春は、少し遠出していわゆる「名所」と呼ばれる場所の桜をいくつか撮影しました。元々私はそういった場所に群がる人集り、撮影集団が嫌いで避けていましたが、少しそこに向き合ってみようとようやく重い腰を上げた次第です。 山梨県韮崎市 わに塚の桜 3月末から4月明けにかけて、山梨県韮崎市にある「わに塚の桜」を撮影に行きました。 今回の交通手段はいつも利用しているタイムズカーシェア+電車にしました。都内から車で移動も検討しましたが高速料金や利用料、疲労を考えると最寄りまで電車で行った

スキ
132

晴天の蔵王樹氷高原を満喫、日帰り登山レポがYAMAPマガジンで公開されました。

YAMAPマガジンにて 3月訪れた山形県蔵王樹氷高原の日帰り登山のレポートが公開されました。 https://yamap.com/magazine/35077 すでにシーズンオフのため、来シーズンの蔵王樹氷高原や熊野岳登山の参考にしていただければと思い、今回YAMAPマガジンにて記事にしていただきました。 山形県は親族も友人も住んでいるのでまたゆっくり訪れたいものです。 樹氷や山だけでなく 温泉もジンギスカンも最高でした。 参考にしていただけたら嬉しいです。

スキ
131

「こおりやま広域圏」つながるフォトコンテスト オンライン写真展 開催中です。

地元福島県郡山市主催のフォトコンテスト、今年度も審査員をさせていただいたのですが今季は東京カメラ部運営の元、オンライン写真展とYouTubeLIVEが開催されました。 僭越ながら私が撮影した郡山駅の作品も掲載いただいています。 今年は東京カメラ部10選2020のphoto_booooy氏も同じく審査員として参加し本展を盛り上げてくださいました。 本日、入賞作品から最優秀賞、優秀賞が発表されました。 「こおりやま広域圏」つながるフォトコンテスト※公開期間3月31日正午まで

スキ
63

撮影一番の消耗品・SDカードを買い足した話。

AmazonでProgradeDigitalのSDカードが 2月28日まで25%オフセールなので買い足しました。 ↓これまでよく使用していたSDカード 私は比較的安価で購入できるランク「ゴールド」 UHSII規格の64GBでセール時で3,200円で購入できるとは年々お求めやすい価格になっていくなと思いつつも 流石に私のα7R IVでは若干転送速度的に厳しい場面もあったので まとめてワンランク上のコバルトを追加しました。 そんなにデータ量が多くなく、枚数もそこまで撮らな

スキ
32

最高のゲーム特集にインゲームフォトグラフィー枠で出演できたことが胸熱すぎた話|SWITCH3月号

SWITCH3月号にインゲームフォトグラファーとしてインタビュー記事が掲載されました。 ゲームカルチャーとしても非常に大きな転換期となる今、カルチャーの文脈で紹介いただけたことの喜びと雑誌の紹介 そして私個人として、 間接的であれど憧れの人物との邂逅に馳せる喜びの発露を文章にしました。 インタビュー・カルチャー・マガジン「SWITCH」に掲載2月20日、SWITCH 3月号が発売になりました。 本誌は「“Play Has No Limits”をテーマにPlayStat

スキ
81

風景写真のTwitter日本コミュニティを立ち上げました。

2月4日にTwitterコミュニティに関する記事を書きましたが、 最近新しい動きがあったようです。 コミュニティ作成機能が解放以前コミュニティ作成について申請フォームを提出した関係で、2月16日に本国Twitterから英語でメールが届いていました。 どうやら日本でもコミュニティ作成機能が解放され始めたようです。 ですが、まだエラーが表示されたり動作が不安定な様子。 コミュニティ検索 https://twitter.com/search?q=url%3Atwitter.c

スキ
100

氷の神殿 冬の奥日光・雲竜渓谷に行ってみた。

以前から行きたいと思っていた 念願でもある栃木県奥日光にある雲竜渓谷に行ってきました。 アクセス日:2022年1月27日 快晴 風速2,3m 今後の観光誘致について、私は登山やキャンプ、屋外の観光地を訪れるといったアウトドアツーリズムが欠かせないと考えています。 それを体現すべく日光ではこの雲竜渓谷を訪れました。 雲竜渓谷に向かうにあたり お世話になっている山友RedSugar氏の記事を参考にしました。 (2,3年前からお話していてコロナじゃなければ一緒に来たかった。)

スキ
119

岐阜県高山荘川のすすめ 観光スポット編

写真家の横田裕市です。 積水ハウス主催 #TRIPBASESTYLE の観光アンバサダーを決める最終選考の一環で京都府宮津市、栃木県日光市に続いて最後は岐阜県高山市荘川エリアを訪れました。 昼行バスでバスタ新宿から高山にアクセス高山市(高山駅)までのアクセスを調べると東京からは新幹線で移動時間4時間〜4時間半ほどの時間と、料金にして1万4千円前後の費用がかかります。 高速バスを調べると昼行発の濃飛バスで移動時間5時間半で料金が6000〜7000円。この程度の時間差ならバスで

スキ
98

栃木日光のすすめ 観光スポット編

写真家の横田裕市です。 積水ハウス主催 #TRIPBASESTYLE の観光アンバサダーを決める最終選考の一環で京都府宮津市に続いて栃木県日光市を訪れました。 東武日光線で都内から電車で行ってみた都内からの電車は新幹線か特急列車を利用すると良いでしょう。 これまでは車で訪れていましたが今回初めて電車で日光を訪れてみました。 平日で空いているのあり特急列車で意外と安く快適に東武日光駅に来ることができました。 駅まで小さな氷瀑がお出迎え。 拠点はフェアフィールドバイマリオッ

スキ
100

写真家 横田裕市のプロフィール

​プロフィール横田 裕市 Yuichi Yokota 写真撮影機材 SONY α7R IV, α7RIII SEL14F18GM,SEL24105G,SEL100400GM Batis 2.8/18,Batis 2/40 CF,Otus 1.4/85 経歴 福島県郡山市出身85年生まれ、東京都世田谷区在住の写真家。 2010年よりプロとして活動を開始。 雄大な自然のスケールを伝える大胆かつ繊細な絵を得意とする。 風景のほか、家族写真を始めとしたポートレート撮影を行

スキ
52

小笠原諸島・父島を訪れて。

2021年11月26日 ~ 12月1日まで小笠原諸島・父島へ仕事で行ってきました。 小笠原諸島はアクセス手段が船路しかなく、なんと船で24時間かかります。 東京の竹芝客船ターミナルからおがさわら丸に乗り出航し、翌日に到着です。 本記事では小笠原諸島・父島で訪れた場所やお店を主に写真で紹介します。 父島はレンタカー1台あれば気軽に周遊できる規模感です。アクティブな方ならレンタサイクルでも楽しめるのではないでしょうか。 登山などはガイド同伴が必要なエリアもあるため確認が必

スキ
70

4年ぶりの大雪。吹雪の中起動するガンダムを撮影したら新年早々ニュースになりました。

2022年1月6日、4年ぶりに東京や神奈川に大雪が降りました。 前日に↓のようなことをtweetしていたら2018年から時を経て再びすごい反響の出来事に。 私は今回、東京都内よりもまずは今年の3月までしか観覧できないGUNDAM FACTORY YOKOHAMAに佇むRX-78F00ガンダムの動くモニュメントの撮影に向かいました。 この機会を逃したら2度と雪のシチュエーションで撮影できないと考えたからです。そして撮影し投稿したのが以下のtweet これは撮影後の元町中

スキ
159

福島県「こおりやま広域圏」フォトコンテスト開催のお知らせ

近年毎年審査員をさせていただいています、私の地元・福島県郡山市を中心としたフォトコンテストのお知らせです。 公式Web 対象撮影エリア エントリー期限 2022年01月27日まで 指定のハッシュタグを記載&アカウントフォロー 詳細は公式ページを御覧下さい。 2022年の審査員は、市町村スタッフ、東京カメラ部の他、 私と福島県在住の2020年東京カメラ部10選photo_booooy氏が審査員を務めます。 新年初撮りの作品でのエントリーも大歓迎です! 福島県の該

スキ
45

写真:1年を30枚で振り返る楽しみ。

2019年から、年末にはnoteの30枚1セットで投稿できる機能を使用して 1年で印象に残った写真を紹介しています。 今年で3年目に突入です。 毎年記事が増えていくのが自分でも楽しくなってきました。 2021年は、作風が白と緑(冬と夏)に偏っている印象が強いです。 脚の負傷など個人的な事情もあり、今年は秋らしい撮影がほとんどできませんでした。 今年は西表島、利尻島、小笠原諸島(父島)と3つの離島を訪れました。 それぞれそこそこ撮影ができたものの、滞在中の天候条件や撮れ高

スキ
98