見出し画像

【写真100枚以上】風景写真家が阿寒湖の魅力を全力で紹介します。

今回は、北海道釧路市・阿寒湖での滞在にて
私が心から感じたことを全部のせなボリュームでお届けします。

熱が入り最終的に写真が100枚以上、テキスト10,000文字の内容になってしまいました。。ぜひいつか阿寒湖を旅行するときのために後読み・ブクマをおすすめします。

写真は滞在中撮影した3,000枚以上の中から、阿寒湖に行ってみたいと思って頂けるような自然の美しい作品を多く選びました。

今回 阿寒湖には、2020年の10月から2ヶ月毎に合計3度、17日間滞在しました。各月の滞在毎に詳細を書きたいところなのですが、まずこの総括的なnoteを書こうと思い、筆を執りました。

阿寒湖はどんな場所なのか

そもそも皆様は阿寒湖がどこにあるかご存知でしょうか?
阿寒湖は、北海道の道東エリアに位置します。釧路空港から車で1時間ほど内地へ進んだところにあります。私は2017年に一度訪れて以来、2020年〜2021年と訪れています。

アクセス方法は空港からバス、もしくはレンタカーになります。
土地が広大なので、密を回避して観光を楽しむことができます。

スクリーンショット 2021-03-27 19.00.35

北海道広すぎ問題

スクリーンショット 2021-03-27 19.04.07

拡大するとこのような地図

阿寒湖の目前には雄阿寒岳(おあかんだけ)という山がそびえ立っています。 湖を挟んで反対側少し離れたところには雌阿寒岳(めあかんだけ)という山があります。夫婦山として色々と物語が残っています。

画像3

宿から湖を挟んで向こう側に佇む雄阿寒岳
ニュー阿寒ホテル・新館シャングリラ7階の新客室「リゾートツイン」からの眺め 2020年10月 秋

画像45

凍ったオンネトー湖上から眺める雌阿寒岳 2020年12月 冬

この2つの山は、この阿寒湖周辺の雄大な大地を形成している代表的な山々になります。阿寒湖畔にある阿寒湖温泉街は、国立公園内にある温泉街という非常に特殊な街になっています。

阿寒摩周国立公園は、北海道にある国立公園。2017年の「阿寒国立公園」からの名称変更に伴い、摩周湖・神の子池周辺まで区域が拡がり、1市10町に跨る総面積9万1000ヘクタールとなった。国立公園内のほぼ9割以上が未開発地域として手つかずの自然保護地域として保全された。(Wikipediaより引用)

元々の阿寒国立公園は、明治時代より前田一歩園財団が土地を管理してきた由来のある土地です。財団は今も健在。財団がこの土地を買い取っていて、そこを人々に貸し与えています。温泉街の人々も財団から土地を借りて住んでいるわけです。歴史が面白い街。

アイヌ文化と工芸品

そして、ここにはアイヌの集落があります。
「アイヌコタン」コタンというのは集落を意味するアイヌ語。

温泉街の中にはアイヌの人々が営む木彫りのお店や飲食店などお土産屋が建ち並んでいます。

画像47

地元のアイヌの職人の方々も、移住してきたクリエイターの方も、皆この土地が愛しているのがお話から伝わってきました。職人の手による数々の工芸品は味わい深く、手に取りたくなる逸品です。

画像31

木彫作家 床 州生氏の美しいアイヌ文様を彫ったお盆

画像32

東京から移住した下倉 洋之氏の作るシルバーアクセサリー

画像33

工芸作家 郷右近富貴子氏のブレスレット

画像34

木彫作家 瀧口 健吾氏の木彫りの熊

また、「阿寒アイヌシアター イコロ」ではアイヌの人々が自ら劇団員になり舞台を通しアイヌ民族の文化を伝える演目を複数公演しています。最近ではプロジェクションマッピングなども導入し美しく大変芸術的な演目もあります。アイヌ文化に興味ある方は一見の価値あり。

画像46

画像29

画像30

温泉街の方々による観光客参加型催しがすごい

阿寒湖温泉街では毎年、毎シーズン長期間にかけて宿泊者参加型の催しを開催しています。シーズン中、悪天候時を除いて毎晩開催していると伺った時には温泉街の方々の本気を感じました。。本当にすごい。

画像35

まりも祭り
参加者全員が松明を掲げて行進する
この様子、、まさに焼き討ち(違

画像36

広場でアイヌ語で祈りを捧げる

画像37

「冬華美」打ち上げ花火
コロナ禍で全然花火を見ることができてなかったので涙腺にきた

画像38

阿寒湖氷上「カムイへの祈り」カムイコオリパク

画像39

阿寒湖まりも夏希灯
まりもに見立てた灯りをクルーズ船から願いを込めて阿寒湖に流す企画

画像23

スノーモービルにひかれるバナナボートも楽しめる

湖畔を歩くだけで価値がある森林浴

阿寒湖の魅力はなんといってもその雄大な大自然

阿寒湖畔を1時間歩いて散策するだけでも非常に美しい自然に触れることで気分をリフレッシュできます。運が良ければエゾリスや蝦夷鹿に遭遇することも。

温泉街から歩ける距離の範囲であれば、ほとんど問題ないとは思いますが冬以外のシーズンは人気のない原生林では熊に遭遇する可能性もありますので注意しましょう。(宿や商店街で熊鈴販売してます。)

地元の作家の方々は考え事をする際に湖畔を歩きながら思考を整理するそうです。

画像4

徒歩数分で湖畔の美しい森へ

画像14

朝の散歩では、エゾリスによく遭遇

画像42

冬の早朝は霧氷で凍てつく植物を見ることができる

画像42

可愛い小鳥も

画像5

街中に自然と顔を出すエゾジカ

画像6

山に囲まれた地形のため、地平や水平に沈む夕陽は臨めないが山間に沈む夕暮れ時はドラマチックな瞬間が広がる

画像46

ちいさなダイヤモンドダスト

季節や時間帯を変えて楽しめる阿寒湖の美しさ

この魅力に惹かれてこの土地に移住される方もいるだろうなという中心的存在である阿寒湖。その朝昼夜、四季を変えて感じるこの湖の美しさ。

画像47

画像48

画像49

画像50

画像51

夏の早朝の阿寒湖

画像52

秋の阿寒湖では入水して釣りをする人々の姿が

画像53

霧が立ちこめる中の紅葉も趣深い

画像15

霧が立ち上る阿寒湖
蒸気霧、北海道の方言では「けあらし」という

画像16

朝焼けに染まる

画像18

厳冬期は湖面が凍りより幻想的に

画像44

冬ならではの幻想的な光

画像78

湖面の美しい風雪紋(シュカブラ)に紛れて、ときどき小動物の足跡(画面左)も。

画像78

画像21

一部では温泉が湧く湯壺というスポットがある。
(湖面移動は危険が伴うためネイチャーガイド同伴)

画像39

ワカサギ釣りのテントが建ち並ぶ湖上

画像25

冬の名物、ワカサギ釣りのテント

画像73

雪舞う中を散歩するカモ

画像26

宿の窓辺から眺める雄阿寒岳

画像27

朝日が差し込む阿寒湖の対岸

車があるとより楽しめる美しい自然

車での移動、数分〜20分ほどの範囲だけでより自然を満喫することができます。温泉街から数分で行ける滝見橋や阿寒川周辺、太郎湖など(雄阿寒岳登山口から徒歩数分)。この辺はハイキング気分で長い時間をかけて徒歩で温泉街から訪れる方もいます。車で20分ほどいけばオンネトーという湖や雌阿寒岳の麓まで行くことができます。

画像8

画像54

滝見橋からの眺めは有名な紅葉スポット

画像9

少し森を入った場所にある太郎湖へ流れる支流

画像73

画像74

太郎湖は私もお気に入りになった美しい癒やしのスポット

画像12

雌阿寒岳とオンネトーのアイスバブル

画像70

雌阿寒岳と日の出

画像109

朝陽へ向かう足跡

画像13

雌阿寒岳下流、野中温泉近くの温泉の川

画像55

阿寒湖温泉街からオンネトーへ向かう途中にある白藤の滝

登山やハイキングのすすめ

私は2019年から登山を始めた人間なのですが、その観点からよりこの阿寒湖周辺を楽しめるようになりました。

 私は近年登山を始めたことによって、登山者の観点からも、この阿寒湖の周囲の恵まれた自然環境に着目することができるようになりました。阿寒湖温泉街を中心として初心者から上級者まで登山を楽しむこともできるんですね。代表的なものは日本百名山のひとつでもある「雌阿寒岳」登山は、そこまで険しいルートもなく初心者にもおすすめできます。

オンネトーはこの土地を代表する美しい小さな湖です。またその近くには最高な温泉・野中温泉があり、そこから雌阿寒岳登山もできます。

雌阿寒岳登山とオンネトーのハイキングという一連の流れは、休日に自然を満喫する1日の贅沢な観光コースです。私も滞在中に何度も雌阿寒岳とオンネトーを訪れました。

画像73

画像8

雌阿寒岳中腹から臨むオンネトー

画像74

広大な道東の大地を見渡せる

画像75

8合目を超えてくると覗くことができる雌阿寒岳火口。
雌阿寒岳は活火山のため現在も噴煙が上がっている。

画像76

雌阿寒岳火口には2つの池がある、こちらは赤池

画像11

正円に近い形をした青池

画像77

雌阿寒岳山頂付近からは遠くに阿寒湖を臨むことができる。
この時はあいにく雲が多く雄阿寒岳は見えず。

画像110

冬の雌阿寒岳登山はスノーシューとアイゼン必須

画像111

冬の眺めも壮観

画像56

雌阿寒岳と温泉街の間にある連峰のひとつ、白湯山(はくとうさん)展望台。近くまで車で来ることも可能。麓から登る場合は阿寒湖畔スキー場駐車場から登ることができる。

画像57

雲海が消えゆく様子

画像58

地熱で湯気が立ちこめる山肌

画像59

白湯山という名前も頷ける様子。
この山から雌阿寒岳山頂までは片道5時間半のロングトレイル。
いつか挑戦したい。

画像125

夜明け前の雌阿寒岳(左)、阿寒富士(右)

美しい自然現象

時期や運が良ければ、この土地ならではの珍しい自然現象を見ることができます。通年見ることができるものもあります。

ダイアモンドダスト

画像46

虹色のダイヤモンドダスト

フロストフラワー

画像60

透明度の高い凍った水中

湖面が凍結した初期にしか見られない様子

画像61

凍結初期は積雪が少なくアイスバブルも見やすい

画像62

画像64

氷中の樹木や紅葉はまるでアクリルに閉じ込められた自然の芸術

凍った水蒸気を纏う植物

画像64

地中から蒸気が噴き出しているスポットが多くこういった穴の周りだけ上記が凍り付いた様子を見ることができる

筆者一推しの ボッケ(泥火山)地帯

ボッケとは地中の泥だまりからガスが吹き出ている泥火山を指すアイヌ語です。独特のガスが噴き出す音がASMR要素もありなんとも心地良いのです。写真も載せますが、こればかりはぜひ動画で音と共にお楽しみください。

温泉街から湖畔の遊歩道を歩くと、すぐ整備されたボッケ地帯を訪ねることができます。ぜひ足を運んでみてください。

ボッケにやみつきになっている私がいます。
動画だけでなく、好きすぎて音を録音してきました。

画像66

画像65

ボッケ地帯は立ち上る蒸気の影響で寒暖差がハッキリしているため
紅葉の色づきが大変良い。

画像68

白湯山の途中には大規模なボッケ地帯がある

画像69

画像67

森の中にある天然のボッケ地帯

蛇口から美味しい水が飲める くしろ阿寒百年水

画像78

なんと阿寒湖温泉街は水道水が大変美味しい天然水

これは私も話を伺った際に驚いたのですが、よく旅先で水道水を飲まずにペットボトルミネラルウォーターを買うというのが習慣化している方もいると思います。ですが、阿寒湖温泉街ではミネラルウォーターを買う必要はありません。蛇口をひねるだけでおいしい天然水が飲めます。

水が美味いって最高です。
宿の水風呂もこの天然水というのがまたやばい。温冷交代浴をぜひ。

ネイチャーガイドツアーのすすめ

阿寒湖の自然を満喫するのにぜひプロのガイドに依頼してみましょう。
ガイドの方が車を出してくれますし、服装や必要なものはレンタル可能です。

私自身、ネイチャーガイドツアーを初めて体験したのですが、プロの話はとても面白く、より興味を持って話を伺うことができ自然や土地への理解に繋がりました。自分たちだけで過ごすよりも非常に有意義な時間を過ごすことができました。

早朝の阿寒湖散歩ツアー、森林散策ツアー、オンネトーツアー、きのこ狩り、カヌー体験、スノーシューハイク、フロストフラワー探し、凍結した湖上散歩ツアー等、そのシーズンならではのアクティビティがあります。

阿寒ネイチャーセンターの安井さん、SIRIの高田さんにはとても良いネイチャーガイド体験をさせていただきました。

画像122

画像123

ガイドツアーの休憩時に美味しい珈琲と
安井氏手作りのスコーンが味わえる

画像104

鶴雅が運営するネイチャーツアーSIRI(シリ)
こちらのレジェンドである高田氏のガイドツアーを堪能

画像124

オンネトーツアー中に薄氷の湖上に寝転ぶ筆者
(※一人でやってはいけません。ガイドのサポートがあってこそ可能です。)

↓ホームページ開くと自動でYouTube再生につき音量注意

全アクティビティ後に温泉が待っている最高のUX

阿寒湖に観光に来た際には、何と言っても阿寒湖温泉
これも大きな魅力の1つです。アウトドアアクティビティやワーケーションで疲れたところに最高の温泉が待っています。

硫黄香る最高の野中温泉

中でも、野中温泉は、雌阿寒岳の麓にある源泉掛け流しの雌阿寒温泉。湯量豊富な硫黄泉。湯船は釘を1本も使わない総トドマツ造り。情緒溢れる秘湯です。

硫黄のにおいが大丈夫な人はぜひこちらの日帰り温泉をおすすめします。
連れてきた人が皆大満足。

雌阿寒岳登山後に入浴すると昇天します。
最高のご褒美温泉。

画像79

画像80

画像81

名物の人懐こい温泉ねこや温泉わんこがいる


美味しい阿寒湖グルメ

阿寒湖温泉街のおすすめ飲食店をまとめて紹介します。

炉ばた 浜っこ / 炉端焼き

こちらは串焼きや海鮮が美味しい。ぜひ一度は訪れてほしい炉端焼きです。豚串はタレが美味しく白米が欲しくなります。お茶漬けやおにぎりなどはボリューミー。鮭ルイベと言う鮭の切り身を凍らせたお刺身のようなものがあるのですが、これもまた美味しい。

画像82

豚串がうまい

画像83

鮭ルイベと言う鮭の切り身を凍らせたお刺身。凍み豆腐的な

画像84

ホタテのバター焼き

画像85

身が詰まったほっけ


両国総本店 / ジビエ

鹿肉の鉄板焼きが美味
こちらは鹿肉の鉄板焼きが美味しくおすすめです。お店の方がわざわざ蝦夷鹿を狩猟で獲ってきて自ら捌いているという、そんなお店。非常に新鮮でおいしい鹿肉を味わうことができます。お肉は柔らかくて美味しい子鹿のお肉だそう。

画像87

画像88

画像88

郷土料理 奈辺久(なべきゅう) / 蕎麦、天ぷらお蕎麦とわかさぎの天ぷら

美味しいお蕎麦とワカサギの天ぷらを召し上がることができます。冬になればワカサギ釣りのアクティビティをして釣ったばかりのワカサギを目の前で天ぷらにして食べるという醍醐味もありますが、そこまでしなくてもお店で美味しいワカサギの天ぷらを食べることができます。

画像89

鴨南蛮そば

画像90

天丼

画像91

ワカサギの天ぷら

仙客 / 中華

B級グルメ的なボリューミーな中華料理を楽しめます。
個人的にはとても好み。

画像92

麻婆豆腐

画像93

炒飯

味心 / いろいろ

定食、ジビエ、海鮮、ラーメン、うどん、洋食、カレーや丼物と何でもあるのとコロナ禍でも営業日が多くて安心のお店です。味もB級ながら良きです。

画像94

鹿肉のロースト

画像96

サーモン丼

最後の砦、安心のセイコーマート

北海道チェーンのコンビニ。惣菜が美味しい。日本で1番好きなコンビニです。阿寒湖温泉街には2店舗あります。温泉街中心にある店舗と、少し離れますが車がある方は、暖かい惣菜販売の「ホットシェフ」があるバスセンター店の利用をおすすめします。

画像99

脅威の438円の美味しい鮭親子丼

画像97

このミニ麺類シリーズが美味しすぎる

画像98

北海道メロンミルクキャンディはお土産にもおすすめの美味しさ

おすすめ土産は ワカサギの佃煮

阿寒湖のお土産といえば名物のまりもがありますが、個人的には名産品ワカサギの佃煮推しです。

画像114

おすすめ宿はここ! ホテル一覧

阿寒湖温泉街のホテルは大きく3つのホテルグループに分かれています。基本的に温泉付きの宿です。企画中では、各グループから1つの宿を割り当てられ合計3種類の宿を泊まる予定だったのですが、私は最終的に諸事情で2種類の宿に宿泊。それがホテルニュー阿寒と阿寒湖荘。

もう一つ、鶴雅グループの宿に宿泊するのが私はとても楽しみだったのですがあいにく休館時期に当たってしまい企画中はニュー阿寒に2回泊まることになりました。ちなみにニュー阿寒も非常に素敵なホテルで是非一度は泊まる価値があるホテルです。ちなみに私はプライベートで延泊した際には御前水という宿に泊まりました。

おすすめ順に書いてますが
結論をいうと鶴雅グループとニュー阿寒を押さえておけばOKです。

鶴雅グループ

阿寒湖温泉街のトップクラスに位置するホテルグループです。阿寒湖温泉街に5つの宿を展開。宿のグレードによっては若い方が宿泊にはお値段が張るかなと思うんですが、20代後半、30代以降の方々にはぜひお勧めしたいホテルです。泊まったことがない私がいうのもなんなんですが、是非今度プライベートで鶴雅グループの宿に泊まってみたいと思います。というか、ずっと楽しみにしていたのに宿泊できず、本当に悔しい思いをしました。(仕事なので仕方ない)

中心部にある「あかん遊久の里 鶴雅(四つ星ホテル)」「あかん湖 鶴雅ウイングス(三つ星ホテル)」は併設しています。

個人的にここを非常に推せるのは、芸術に対して理解が深く、アイヌの木彫作家の作品の保管目的も兼ねてミュージアムスペースを設けていることです。宿泊せずともミュージアムスペースは訪れる価値があります。パブリックスペースのため誰でも鑑賞可能です。

画像103

画像100

アイヌ木彫作家のスケールの大きな作品がいくつも貯蔵、展示されている。

画像101

休憩スペースや岩盤浴もあり

画像102

温泉街唯一のコワーキングスペース、個室も完備
ワーケーションにぴったり

ニュー阿寒ホテル

こちらは偶然なんですが、4年前に妻と滞在したことがあるホテルで今回も偶然この企画で宿泊させていただきました。鶴雅グループが休館だった関係で私はこのホテルに合計10日間滞在。 

ニュー阿寒はフロントが吹き抜けで昔ながらのホテルではあるんですが非常に開放感のある造り。食事のビュッフェも美味しいホテルです。部屋は旧館クリスタル館と新館シャングリラ館が併設しています。

最大の魅力は最上階にあるインフィニティ温泉プール。阿寒湖の全景を眺めながら入ることができる温泉プールは最高です。(唯一残念なのはプールで撮影がNGなこと。非常に機会損失しているので撮影OKにするべき)

また近年のサウナのブームにあやかり、絶景サウナと天然水の水風呂。そして外気浴という素晴らしいサウナ体験を提供しています。私も一推しのホテルです。

画像28

7階の部屋からの展望 2017年8月 夏

画像112

吹き抜けのフロントスペース

画像113

エレベーターからの眺め

画像105

新設のワーケーションルーム
旧館3階にありデスクワークに適したお部屋。なおホテルWi-Fiはいまいち。

画像106

2017年新設の7階リゾートツイン
窓からの眺めも良くおすすめ

ホテル御前水

上の二つのホテルと比べるとローカルなホテルグループで昔ながらの旅館タイプの宿です。私がプライベートで2泊させていただいた宿。

展望指定なしのプランで宿泊したのですが、最上階の阿寒湖ビューの和室で非常に良い部屋を割り当てていただいて大変快適な宿泊ができました。温泉が地下にあるため入浴中の展望は望めないのですが源泉掛け流しで良い温泉です。

Wi-Fiがそこそこ速くて感心しましたが、途切れがちなのが残念。

画像24

部屋からの展望
曇天の中、つかの間の青空と差し込む光

画像108

昔ながらの和室のつくり

阿寒湖荘

こちらも御前水と同じ系列のホテル。温泉は非常に素晴らしいのですが、施設が色々古いのと wi-fi もあまり繋がらず、私のフォロワーさんには宿泊はお勧めできない宿です。非常に惜しい宿です。詳細はマガジン読者限定の枠のところに書きます。

画像108

中長期滞在時のおすすめはレンタカー

時間をより有意義に使いたい方は是非レンタカーをお借りすることをお勧めします。

阿寒湖温泉街にもレンタカーはありますが、1店舗しかないのでハイシーズンの際には車が予約で埋まっている可能性もあります。釧路空港からレンタカーを借りてくるのが吉。道も平坦で車量も少なく運転しやすいです。

私は滞在中にレンタカーで雌阿寒岳・オンネトーにあしげく通い、撮影や登山を思う存分に堪能できました。

観光情報に困ったら、まりむ館へ

温泉街中心部にある「まりむ館」には観光インフォメーションセンターがあります。
観光に困ったことがあればぜひこちらにお立ち寄りください。スタッフの方が親身に対応してくれます。そしてそこには刃牙(バキ)の主人公・範馬刃牙の等身大フィギュアが。驚

画像114

刃牙で有名な釧路出身の漫画家・板垣恵介先生が阿寒湖を盛り上げるべくプロジェクト展開されているようです。

画像115

アイヌの猛者を描いた描き下ろしイラストもすごい迫力

画像116

画像129

他にも漫画ですと現在は「ゴールデンカムイ」が北海道各地で誘致企画でコラボしていますね。ぜひ沢山の人々に観光に戻ってきて欲しいです。

まとめ

今回の滞在の企画を通して、私自身 贔屓目なしに阿寒湖が大好きになりました。

4年前に初めて阿寒湖に滞在した時は、ただ寝る場所としてホテルに泊まっただけ。阿寒湖周辺の観光や地域の情報を吸収できる機会が全くなかったのです。

それが今回、秋と冬の阿寒湖の魅力に十二分に触れることができました。これは私自身が登山を始めたからというのも大きいのですが、以前の私は阿寒湖の目前にある雄阿寒岳をただの立派な山としか思っていませんでした。ですが、ただの眺めるだけのオブジェクトであった山が、今の私には到達可能なフィールドになったわけです。

私自身の可能性も広がったタイミングで、阿寒湖を再び訪れることができたことで十二分に阿寒湖の自然を満喫することができました。

ここで得た経験や知識を、是非私から出来る範囲で広めたいなと思い、今回のnoteを書きました。

私自身、是非また妻や家族、自分の写真サークルメンバーなど気心知れたメンバーでここを訪れ、阿寒湖の自然を堪能したいと思います。

DiscoverJapanにて、より深く楽しめる記事が配信中です。
気になる方はぜひこちらもチェックしてみてくださいませ。

皆さんもぜひ阿寒湖へ!

日本全国の観光誘致案件お待ちしてます!

風景写真家として主に写真撮影、たまに記事執筆でお仕事させていただいています。現在はワーケーション関係の案件が多いです。お気軽にご相談下さい。

このnoteの記事はPRではなく、私個人が好きに書いたものです。
阿寒湖でも今後も何かお仕事の繋がりが生まれたら良いな。
どうぞよろしくお願いいたします。

---------

以下は、マガジン読者向けの追加パートになります。

実際のところ赤裸々なコーナー

というわけで、阿寒湖を非常に満喫してきたわけなんですが、ワーケーション企画での滞在だったのですが

この続きをみるには

この続き: 1,763文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
私が普段どんな思考で活動しているのかといったことを綴ったり、撮影・写真についての雑感を綴っています。

#写真家のnote

月額480円

自分の写真業やセンシティブなこと、写真に関するあれこれはこちら。2018年1月開始。月に4~8記事の配信。2020年12月より無料note…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横田裕市 / 写真家

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

好きな写真集は、Red Bull Illume Photo book
57
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞