フィルターワークという写真表現の拡張
見出し画像

フィルターワークという写真表現の拡張

フィルターメーカーであるNiSiのメディアにインタビュー記事が掲載されました。どんな意図で撮ってるのかなど色々掘り下げて頂いてるのでぜひ御覧頂ければ。

NiSiのフィルターにである前からフィルターを使った撮影というのはしてきました。日本ですとKenkoが発売している丸型フィルターが有名です。

海外だと角型フィルターの方が有名なのだそうですが、日本でなぜ角型が伸びなかったかというと、それは先述のKenkoが丸型を日本で大量に流通させたからだとか。そんな話を伺って、自分もKenkoの丸型を使っていた身なのでなんとも納得。

NiSiで初めて角型のフィルターを使うようになりました。

使って比較した感想としては、
撮影時の使い勝手は、丸型より角型の方が使いやすいです。
角型は、丸型よりも不注意で割ってしまうというリスクがありますので取り扱いには注意が必要です。携行品保険は絶対入った方が良いです。

この続きをみるには

この続き: 1,953文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
私が普段どんな思考で活動しているのかといったことを綴ったり、撮影・写真についての雑感を綴っています。

#写真家のnote

月額480円

自分の写真業やセンシティブなこと、写真に関するあれこれはこちら。2018年1月開始。月に4~8記事の配信。2020年12月より無料note…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横田裕市 / 写真家

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

好きな写真集は、市橋織江「BEAUTIFUL DAYS」
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞