心に残り続ける展示。

こんにちは、横田裕市(@yokoichi777)です。

今でも時折思い出す写真、展示について先日tweetしました。

カナダの写真家グレゴリー・コルベールについて。

2007年、私が大学3年生の就職活動中。
福島県から東京に来ていた4月にリクルートスーツで鑑賞していました。

当時撮った写真。(当時はCanon IXY デジタル使い)

ただただ圧倒された展示で、また見たいと思っていますが
これ以降、日本で彼の展示はありません。

そもそも海外で大規模な個展が開催されるというのは
とんでもない快挙だなと、今になって分かります。

神性を帯びた動物と人の写真。
方向性は異なりますが、人を魅了する作品を撮りたいという点では今の私の作品の中にそれは糧となって活きています。

この続きをみるには

この続き:724文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
私が普段どんな思考で活動しているのかといったことを綴ったり、撮影・写真についての雑感を綴っています。

#写真家のnote

月額480円

自分の写真業や写真に関するあれこれはこちら。2017年1月開始。月10記事の配信。写真、仕事、他いろいろと読者にとって喜んでもらえる内...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願い致します! 頂いたご支援は、今後の機材購入及び撮影遠征費に使わせていただきます。

いつもありがとうございます!
9

横田裕市/写真家

写真や旅、グルメ、妻との日常を発信。プロフォトグラファー / 愛妻家 / Lovegraph / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞 / LINE@ https://line.me/R/ti/p/%40rww1340l

#写真家のnote

自分の写真業や写真に関するあれこれはこちら。2017年1月開始。月10記事の配信。写真、仕事、他いろいろと読者にとって喜んでもらえる内容をお届け。購入者特典等も不定期ですが企画します。どうぞゆるくお付き合いいただければ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。