見出し画像

言われた方は、ずっと覚えている。

昨日はTwitter上で、下記の話がかなり話題になっていました。

私はテラスハウスを視聴していないし、この方も存じ上げていませんが、どういった理由で亡くなったのかは少し調べてすぐに分かりました。

すでにほぼ公言されている方も多いので、簡潔に述べると
SNS上での匿名大勢の誹謗中傷で傷ついた事が主な原因かと思います。

こういうの、誹謗中傷した輩は全員罪に問われるべきだと思っています。

言われた方は、ずっと心に残るんですよね。
言った方は、全然覚えてないくらい、気にも止めていないでしょう。

よく有名税だとかいわれることもありますが、有名人だろうがなんだろうが誹謗中傷をして良い理由なんかにはならないわけですよね。

彼女ほどではないにしろ、10年以上Twitterを運用している中で、Twitter上で心ない言葉を浴びせられた経験は私にもあります。

当然ムカッときますし、そしてかなしい気持ちにもなります。
見知らぬ他人によくそんな言葉が言えたものだというものですが、そういった非常識な人は、もはや違う世界の人種だと思って相手にしない&シャットダウンするのが1番です。

本当にひどいのがきた時には迷わず法的措置をとりますが、今のところそこまでのものは無いですし、そもそも起きて欲しくもないので平和に生きたいものです。

SNSは人類には早すぎた、なんて言葉を見かけましたが
時代が進むに連れSNSの社会的影響力は肥大化の一途を辿る中で、法的整備が追いついていないことを強く感じています。

誰でもアカウントを作れば出来てしまうSNS,人として大切なことなんて小学生でも習ってきているはずなのに、どうしてこんなかなしい使い方しかできない人がいるのでしょうか。

心穏やかな世界にしていきたいですね。

最後に、22歳という未来ある若さで世を去った
木村花さんの御冥福をお祈り致します。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
私が普段どんな思考で活動しているのかといったことを綴ったり、撮影・写真についての雑感を綴っています。

#写真家のnote

月額480円

自分の写真業やセンシティブなこと、写真に関するあれこれはこちら。2018年1月開始。月に4~8記事の配信。2020年12月より無料note…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横田裕市 / 写真家

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

私の生涯1のゲーム作品は「FINAL FANTASY VII」
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞