見出し画像

初めての断食!5kg減量に成功した琵琶湖リゾートファスティング体験レポート【まとめ版】

横田裕市 / 写真家

9月27日〜30日まで3泊4日
滋賀県の琵琶湖マリオットホテルにて
ファスティングモニターツアーに参加してきました。

人生初のファスティング!
どんなものなのか実際に体験したレポートをお届けします。

※こちらの記事は一部省略したまとめ版の記事(3,000字)です※

より体験の詳細や写真を掲載した長文版(5,200字)は
以下の記事をどうぞ。

秋晴れの気持ち良い初日、初めての琵琶湖

要約

  • 3泊4日のファスティング(半断食)ツアーに参加

  • しっかり成果が出て5kg減量に成功

  • 肌もスベスベになり、感覚もキレキレに。

  • 結果が自信にも繋がり、健康意識に変革が起きた

  • 思ったほどつらくなかった←重要

  • 琵琶湖でのSUP最高

なぜファスティングをしようと思ったのか

特に今年に入ってからダイエットを意識して生活。少しずつ体重を落としていたところで運良く今回のツアーを見つけ応募。今後も長く健康に趣味兼仕事の登山を楽しむには減量が必須と思ったタイミングに絶好の機会をいただきました。

1日目

ホテルに到着し、メンバーの自己紹介と説明を受け
さっそく昼から3時間ウォーキング

最初のウォーキング

体から毒素を出す排毒作用(デトックス)するために、まずサプリを摂取。マグネシウム、亜鉛、セレン、オメガ3の4種類

マグネシウム、亜鉛、セレン、オメガ3を3日目まで毎朝摂取

加えて酵素ドリンク「KALA」を1杯ゆっくりと飲む。
国内には2万種類近くの酵素ドリンクがあるがファスティング用の酵素ドリンクは「KALA」だけだそう。

今回のファスティングは完全な断食ではなく、少量の食事を食べる半断食というもので初心者にも優しい内容。

ホテルに戻り、恒川医師による講義「現代の養生」を傾聴。

初日の夕食
ケールサラダ
きのこスープ
玄米さつまいもご飯

普段の生活からは考えられないぐらい健康的で少食な食事です。
これをサラダとスープは一口で50回、玄米ご飯は100回噛んで食べます
普段こんなに意識して噛んで食べたことがありません。

カラフルケールサラダ

しっかりと咀嚼しながらゆっくり食べることで
血糖値の上昇を防ぐことができます。

体調の変化

準備食から既に食事を少なくしていたので、体内エネルギーが枯渇し省エネモードになってきている実感あり。徐々に元気がなくなってきました。夕方の講演は集中が切れると意識が飛びそうに。夜はぐっすり眠れました。

2日目

朝7時から1時間、琵琶湖ビーチでモーニングヨガ
目の前に広がる琵琶湖を眺めながらのヨガは格別。

琵琶湖Eバイクサイクリング(往復30 km)

琵琶湖沿いを気持ち良くサイクリング

琵琶湖大橋ウォーキング

琵琶湖大橋ウォーキングの帰り道

2日目の夕食
海藻ときのこのサラダ
5種類豆の里芋のスープ
手毬玄米ご飯
どれも素材の味を楽しむ非常に美味しい食事でした。

ファスティングが進行すると体内のエネルギーが枯渇し脂肪を分解して発生するケトン体という物質があります。このケトン体が発生しているかどうか試験紙に尿を付着させ変色具合でケトン体が発生しているかどうか判別することができます。

私の試験紙は見事に紫色に変色し、今回参加している男性メンバーの中ではトップの成果が出ているという結果に。

そこそこ紫色に変化。ケトン体が発生してる証拠!※試験紙は水洗いしてます

息を吹きかけるだけで現時点でどれだけケトン体が分泌しているかチェックできるケトンメーターなるもので調べたところ私のケトン体スコアは28でした。ちなみにケージ先生は49。通常の人々はケトン体分泌していないので0

ケイジ先生から現在体内でどういう変化が起きているのかショートセミナーをしていただきました。

体調の変化

1番身体がしんどかったのが2日目。口の中の臭いに徐々に違和感を覚えるように。体内の脂肪が分解され始めてケトン体が発生し始めたようでした。

3日目

2回目のモーニングヨガ
琵琶湖の浜のゴミ拾いをしながらウォーキング
琵琶湖SUP体験

とても気持ち良かったSUP
琵琶湖を味わう最高のアクティビティ

2日目の夜までは本当に精神的にもしんどく感じる部分もあり、身体が節約モードに入り表情も明るくできなかったんですが
徐々に調子が上がってきてケトン体が発生することで副交感神経が刺激されてアルファー波が出てきて頭がほわーんとした感じになってくるのですが私は2日目の夜の終盤でそんな感じになっていました。

夜になっても眠くならないのは、食事をしていないから普段食事に使っているエネルギーが余っているから。1回の食事で使うエネルギーは水泳の200 M 自由形を泳ぎ切るぐらいのエネルギーを消耗する。

3日目の夕食
ヴィーガン料理店citta cafe手作りのヴィーガンBOX

とても食べ応えがありました。(頑張って食べた)

私は普段ヴィーガン料理を食べないので、蒸し野菜を味付けなく50回も噛んで食べるなんてこれまでの私では信じられない体験でした。時間はかかれど完食。食後は有志のメンバーで1時間ほど夜のウォーキング。

体調の変化

口の中がいつもの違う味、臭いがするようになりました。体内でケトン体が分泌され始めたことにより発生するケトン臭だggと判明。ケトン体の分泌によって口臭や体臭が臭くなるとのこと。
午前中は身体がしんどかったものの、昼過ぎあたりから徐々に体調が良くなり、表情も明るくなってきました。ウォーキングもトボトボ歩いていたのが、キビキビと歩くことができるように。

4日目

琵琶湖で見る日の出

7時からモーニングヨガ。3日連続でヨガをするのは人生初。
おかげで完全にヨガに目覚めました。

ウォーキングはびこわもりやまフルーツランドへ。
梨狩り&農作業体験をさせていただきまたウォーキングでホテルへ戻る。

大きな梨がたくさん。採れたてをいただきました。

昼でカリキュラム終了
13時から最後の振り返りとアンケート提出。

参加者皆さんの表情が活き活きとしていて私含めて本当に良い体験ができたと確信しました。

体調の変化

3泊4日で完全に仕上がった感覚がありました。先生の言う通りにしんどかったところから快調になり、身体が新たに蘇ったように感じました。
しっかりデトックスできて、身体の内側からエネルギーが溢れているようです。

今回のファスティングツアーで良かったこと

1.メンバー

企画運営チームだけでなく参加者メンバーがとても個性的な方々ばかりで、日を追う毎に皆打ち解けていけたのを感じました。今回ファスティングをこのメンバーでできたことがなにより財産に思いました。

2.ロケーション

琵琶湖は日本一の湖だと知識としては理解していましたが、琵琶湖大橋からの眺めを見た時に、これは本当に湖なのか海じゃないのかと、その大きさに驚きと感動を覚えました。

琵琶湖畔に立地する琵琶湖マリオットホテル

そんな湖の畔にある琵琶湖マリオットホテルに滞在して本企画に取り組めたことがとても良い体験でした。お部屋も温泉付きプレミアルームなのがとってもありがたかったです。

琵琶湖展望良し温泉付きプレミアルーム
タニタの体重計や健康グッズ、書籍付きのツアー特別仕様
素晴らしいワーケーションビュー
すぐ入浴できる温泉が回復の源

3.ファスティング内容

初心者にもやさしい半断食。今回そのメソッドが分かったので再現性も高いように感じました。これなら今後自分1人でも頑張れば実践できそうです。

食事の際に講義をしてくださったファスティングマイスター 伊藤圭志先生

ファスティング後の自覚できた変化

  • 顔の肌がすべすべになった

  • 手先やつま先など触覚の感覚が冴え、反応速度が上がった

  • 薄味を濃いと感じるくらい舌の味覚がリセットされた

  • 健康に関して危機感を覚えていたタイミングで勉強できたので意識改革、即実践に落とし込めた

  • オーガニック食生活を始める為にビオセボンデビュー

  • ヨガ始めた

まとめ

今回の学びや体験をムダにしないよう
自身の身体を大切にしていこうと強く胸に誓いました。

ツアーを終えて通常食に戻り、
現在体重は+1.5kgほど戻りましたがすこぶる快調です。

豊かな食に恵まれた日本ですが健康面では危うい食べ物も多く、それらを100%回避するのが不可能だからこそ、予防策やデトックスをしっかりやっていくことが大切。死ぬまで使える知識やメソッドを得ることができたことに感謝です。

ファスティング興味がある方は紹介しますので
お気軽にご連絡くださいませ。

流れる雲と朝陽に染まる空と琵琶湖

関連リンク

・SUP体験(GOODTIMES
・プチビワイチサイクリング体験(輪な道
・梨狩り体験(びわこもりやまフルーツランド
・ヨガ体験(ヨガスタジオCITTA
・ヴィーガンディナー(citta café

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横田裕市 / 写真家

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。