見出し画像

写真日記:息を呑む美しい川

息を呑む瞬間。各地を撮影で巡っていてもそういう景色に出合うというのは稀です。最近訪れた中でそんな景色に出合ったのは3年ぶりの屋久島でした。

登山のために淀川登山口から淀川小屋へ。この時私の中では「淀川(よどがわ)」というのは単なる地名を示すだけでそれ以上の意味はありませんでした。

地図を見ると淀川小屋のすぐ横に水場のマークがありました。
小屋に着いたらそこで水を汲もう。そう思っていただけだったのですが、いざ小屋に到着して水を汲みに行った私はそこで息を呑みました。

なんだこの美しい川は....。

これが淀川と対面した瞬間でした。

画像6

画像4

あいにく初日は土砂降りの雨だったのですが、雨の中でもその川の美しさに見惚れた私が居ました。

翌日の早朝、雨はやんで静かな時間が流れる森の中。

また川に訪れた私は昨日以上に感動し、
しばらくの間 ぼーっと川を眺めていました。

画像1

御覧の通り、川の水の透明度がすごいのです。
聞こえるのは風が吹き抜ける森の音と、水の音。

この続きをみるには

この続き: 373文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
私が普段どんな思考で活動しているのかといったことを綴ったり、撮影・写真についての雑感を綴っています。

#写真家のnote

月額480円

自分の写真業や写真に関するあれこれはこちら。2017年1月開始。月8記事の配信。写真、仕事、他いろいろと読者にとって喜んでもらえる内容をお…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

好きな写真集は、Red Bull Illume Photo book
37
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞

こちらでもピックアップされています

#写真家のnote
#写真家のnote
  • ¥480 / 月
  • 初月無料

自分の写真業や写真に関するあれこれはこちら。2017年1月開始。月8記事の配信。写真、仕事、他いろいろと読者にとって喜んでもらえる内容をお届け。購入者特典等も不定期ですが企画します。どうぞゆるくお付き合いいただければ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。