見出し画像

基準と覚悟、プロとの違い。

この続きをみるには

この続き: 1,050文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
私が普段どんな思考で活動しているのかといったことを綴ったり、撮影・写真についての雑感を綴っています。

#写真家のnote

月額480円

自分の写真業や写真に関するあれこれはこちら。2017年1月開始。月8記事の配信。写真、仕事、他いろいろと読者にとって喜んでもらえる内容をお…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私の記事をここまで御覧頂きありがとうございます。 頂いたご支援は、今後の機材購入費・撮影遠征費に使わせていただきます。

好きな写真集は、Red Bull Illume Photo book
21
妻と写真や旅、グルメを発信。 写真を通して癒しを伝える愛妻家。登山・山岳写真始めました。 風景と旅のフォトグラファー / SONY / Apple広告採用 / ipa2016部門優勝他多数受賞 / 詳細プロフィール→ https://www.yokoichi.jp/about

この記事が入っているマガジン

#写真家のnote
#写真家のnote
  • ¥480 / 月
  • 初月無料

自分の写真業や写真に関するあれこれはこちら。2017年1月開始。月8記事の配信。写真、仕事、他いろいろと読者にとって喜んでもらえる内容をお届け。購入者特典等も不定期ですが企画します。どうぞゆるくお付き合いいただければ。

コメント (2)
「自粛しているプロと、自粛せず撮影に行くプロ、両方の信念、覚悟があります。決して批判される対象ではない」

とても共感します。
目に入った情報を表面的に判断せず、自分の考えをしっかり持つことが大事ですよね。はやく事態が終息に向かうことを心から願っています。
>こげちゃ丸さん
コメントありがとうございます。
とてもセンシティブな案件だということは重々承知しているのですが、
こういう時に動く方は個人レベルで対策をしっかりしていたりもするので何も知らない外野がとやかくいえないと考えています。
私ももしそんな中撮影するならば、とても気を遣いますし
早く気にせず撮影に赴けるようになることを願って。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。